Sevenseas Traveller

青いだけが海じゃない

バルカー乗船記 その20(2018年6月29日:乗船38日目)積荷満載再び中国に向け出港、ロンボク海峡を通過

ポートヘッドランドの罪にも無事終了し、6月27日早朝にまた中国に向け出港した本日も快晴だ。空がものすごく綺麗な青色だった。

f:id:Blueshark3270:20190218163723j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218163701j:plain

 

主機関も元気に動いてくれている。

f:id:Blueshark3270:20190218164158j:plain

主機関の上段

荷役中に溢れた鉄鉱石のカスで、甲板上が赤茶色になっている。今日は出航後の後片付け作業をやっているはずなので、甲板洗いは明日からだろう。

f:id:Blueshark3270:20190218164317j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218164626j:plain


今日はポートヘッドランドで買ったハムを出し、チーフコックに切ってもらった。乗組員みんなでシェアーし、ビールで無事出港したことを祝った。

f:id:Blueshark3270:20190218164742j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218165044j:plain

今日の夕日

f:id:Blueshark3270:20190218165104j:plain


6月28日
今日は少し雲があるがいい天気だ。

f:id:Blueshark3270:20190218165309j:plain


今日は甲板洗いだ。機関室にあるポンプを回し、海水を組み上げて洗う。甲板上の消火栓にホースをつなぎ、人力で洗って行く。

f:id:Blueshark3270:20190218174555j:plain

赤茶色をした海水が甲板上を流れ、排水溝から海に排出される。各船同じことをしているので、何十億年後にはこの海域に鉄鉱石の層が海底にできるかもしれない。

f:id:Blueshark3270:20190218174637j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218174902j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218174836j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218174848j:plain

機関室では発電機の燃料ポンプの整備を行なっている。

船で使う電気は機関室にある発電機をエンジンで動かして作っている。本船には3台の発電機が搭載されており、船内消費電力に応じて運転する台数を変更する。

例えばバラスト水の交換作業ではバラストポンプと呼ばれる大きなポンプを動かすので、発電機1台では消費電力は賄えないので追加で発電機を回してやる必要がある。

この電力調整は手動でやっており、電力需要に対する供給元の容量を間違えると、発電機は過負荷でシャットダウンし、船内電源喪失、いわゆるブラックアウトが起きる。

 

blueshark3270.hatenablog.com

 

f:id:Blueshark3270:20190218182208j:plain

発電機原動機の燃料ポンプ

今日の昼ごはんは焼きそばか。塩辛い。。焼きそばに串焼きのコンビネーションも日本ではあまりないな。

f:id:Blueshark3270:20190218182643j:plain

今日の昼ごはん(焼きそばに串焼き)

夕方にはあらかた甲板上の水洗いが終了した。甲板員は水浸しになっている。真冬だと寒くて大変だっただろう。

f:id:Blueshark3270:20190218182420j:plain

 

至近距離をオーストラリアに向かうバルカーが走って行く。明日はロンボク海峡なので船が集まって来ているのだろう。

f:id:Blueshark3270:20190218182527j:plain

 

f:id:Blueshark3270:20190218182546j:plain

 

6月29日

今日はロンボク海峡通峡の日だ。

挟水道を通過するときは、船舶の輻輳状況に応じてはスピードの調整が必要になってくる。船の主機関は巨大なエンジンなので、車のエンジンのように簡単にアクセルを踏んだり緩めたりできない。その都度色々な作業が必要だ。

そのため、船の速力を急に変える可能性がある場合、すなわち主機関の回転数を変更する可能性がある場合はスタンバイエンジン(S/Bエンジン)といって、機関部乗組員がが機関制御室で主機関の回転数調整の対応がいつでもできるように待機している。

この日も通峡前からS/Bエンジン状態とし、機関部は機関制御室に待機していた。

f:id:Blueshark3270:20190218183533j:plain

ロンボク海峡通峡中

f:id:Blueshark3270:20190218183612j:plain

反航船

f:id:Blueshark3270:20190218183730j:plain

綺麗な景色だ

f:id:Blueshark3270:20190218183918j:plain

実は結構船がいました

ロンボク海峡ではS/Bエンジンにしたものの、結局主機関の回転数を調整することなく通峡できた。

f:id:Blueshark3270:20190218184046j:plain

ロンボク海峡を無事通峡

今日の昼ごはんはうどんに餃子か。真空パックの生うどんを注文してもらうようにチーフコックに言っておこう。中国にもあるでしょ、多分。。

f:id:Blueshark3270:20190218184236j:plain

今日の昼ごはん(うどんに餃子)

中国のバルカーのようだ。ここ最近は中国語の船名の船とかなり遭遇する。やはり中国の巨大なマーケットを満たすためには大量の物品が必要なのだろう。

f:id:Blueshark3270:20190218184556j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218184631j:plain

 

ロンボク海峡を抜け、本船はセルベス海に向けて舵を切った。

f:id:Blueshark3270:20190218185057j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218185122j:plain

f:id:Blueshark3270:20190218190938j:plain

昼のポジション

 

呉でカレーレーメン(RYU麺)を食べたあと、あごダシを見つけたはなし

なぜか昔の部署の上司や同僚が呉に遊びに来ることになった。

一通り観光をした後、お決まりの豪快な宴会に始まり、その後カラオケと流れた。この時点ですでに12時近い。

残ったメンバーは私を含めて5人。呉駅近くの川沿いの屋台でシメのラーメンを食べて帰ろうという話になった。

屋台は見つかったが、どこも常連客でいっぱいだった。

やめておけばよかったのにどうしてもラーメンが食べたく商店街の方へ行ってみたら、RYU麺という店の看板を見つけた。「ここだ!」みんなも瞬時に納得し、建物の2階にある店に入った。

f:id:Blueshark3270:20190217185033j:plain

看板これだけ?

店に入ると、即座にカレーの匂いが肺の中に入って来た。ここはカレー屋ですか?

もちろんカレーライスもあるが、カレーラーメンが有名らしい。

呉では海上自衛隊のカレーを出す店が結構あり、これを食べるのも旅の目的とのことで、昼にカレーをいただいたばかりだった。

f:id:Blueshark3270:20190217190141j:plain

落ち着いた店内

f:id:Blueshark3270:20190217190204j:plain

有名人?のサインも結構ありました


カレーはもういいやという感じだったが、シメにラーメン、カレーもラーメン、オッケー!ということで、カレーラーメンを注文した。

f:id:Blueshark3270:20190217185826j:plain

噂のカレーラーメン

おっ、カレーうどんラーメンバージョンか?

いただきますっ!

カレーそのものだった・・・が、細麺にとろみのあるカレーが絡まり、これはこれで美味しかった。まさに、カレーとラーメンだった。残った汁にご飯を入れて食べる人もいるらしい。

 

ネット情報によると夜から朝にかけてしか営業していないらしく、まさに飲んだ後のシメの一杯のためにあるお店のようだ。

 

呉に来たら、海上自衛隊のカレーを食べる前にぜひ寄ってみてください。

 

カレーラーメンでお腹をシメ、ホテルまで歩いて帰る。久々に午前様だ。アラフィフになると結構きついな。

f:id:Blueshark3270:20190217190949j:plain

ダメダメ、こんなところで寝ると凍死しますよ

呉駅の陸橋を渡る。誰もいない明るい駅ホームが寂しい。広島県の大都市である呉でもこんな感じなのか。

f:id:Blueshark3270:20190217191150j:plain

 

アラフィフ酔っ払い、ホテルの近くで変なものを見つけた。

万能調味料あごだし自販機。なんじゃこりゃ?酔っ払った勢いで一本買いましたが、ホテルに帰り水と間違えて危うく飲むところだった。

f:id:Blueshark3270:20190217191721j:plain

f:id:Blueshark3270:20190217191759j:plain

f:id:Blueshark3270:20190217192407j:plain


焼きあごがペットボトルの中に入っている。だし道楽という会社の商品だ。

ネット情報によると、呉の沖合にある江田島で生まれた商品だそう。自販機を全国展開している最中だとか。

久々のほろ酔い状態で見つけた粋な商品たちでした。

dashidouraku.com 

おしまい

 

休暇中は結構暇なんです、贅沢(?)ですいません。。

1月中旬に下船して、現在長期休暇中です。次船は3月中旬ごろと言われているので、今回の休みは約2ヶ月くらいになりそうです。

海上勤務では4〜6ヶ月の乗船勤務、休暇が2〜3ヶ月という勤務ー休暇のサイクルとなっています。以前だと乗船中は船内休暇はありませんでしたが、陸側の勤務体型見直しの流れを受け、週1でなるべく休みを取るような流れになって来ました。

なので、休暇が長期になるので結構好きなことができます。長期海外旅行、難解な模型作り、自宅でのDIYなどなど。

 

若い頃は休暇中に色々な研修を入れられるため、2〜3週間休暇が減っていましたが、この歳になると研修などはほぼ終了しているため、会社との繋がりは下船時連絡、自船乗船予定の電話等しかなく、会社から干されているのでは... と、心配になったりします。

また、休暇中の給料はもちろん乗船手当がつかない上に、引かれるものは一緒なので激減します。なので、休暇が長いとピンチになったりすることもあります。

今回は会社呼び出しが1回あるだけでほぼ2ヶ月丸々休みです。が、供たちも大きくなり手が離れ、親をかまってくれないので、家族でなんちゃらとかはありません。

犬たちや猫が友達です。。

船を下船して1ヶ月経ちましたが、何をしたのだろうか?

  • ブログ開設:イエス
  • 庭の草むしり:まだ終わってません。現在進行中。。

f:id:Blueshark3270:20190214153704j:plain

あーあ、雑草が青々としている。。
  • 写真整理:まだ終わっていません。Lightroom導入しました。

と、1ヶ月何をやっていたんだ!と自分に言い聞かせたいです。やっぱり休暇中の大きな予定は立てないといけませんね。

とりあえず、

  • ダイビング:免許を2年前に取ったっきり行けてない。
  • 車:R32GTRをもっていたが、シンガポール赴任時に売却。車が欲しい。
  • 写真撮影:瀬戸内の島をスクーターで巡りたい。
  • 庭の手入れ:春だよね、でも乗船予定で季節的にタイミングが悪いと絶望的。。
  • 模型作り:昔買ったタイタニックがあるな、未開封か。。売却?

f:id:Blueshark3270:20190217172147j:plain

週間タイタニック全巻セット

f:id:Blueshark3270:20190217173057j:plain

ロフトに眠っています
  • ロフトの整理:色々なものが山積みだ。。 

    f:id:Blueshark3270:20190217174653j:plain

    古い車の雑誌

    f:id:Blueshark3270:20190217174734j:plain

    ディアゴスティーニ 週間GT-R 定期購読中

    f:id:Blueshark3270:20190217174859j:plain

    大量の書籍(ごく一部)

f:id:Blueshark3270:20190217175410j:plain

大量のファミコンカセット

f:id:Blueshark3270:20190217175432j:plain


何一つ近いうちに実現できそうにない。。。

棚でも作ろうかな。

バルカー乗船記その19(2018年6月25日〜26日:乗船35日目)わーい、ポートヘッドランドに到着だ!

2018年6月25日

昨晩港湾管理事務所から連絡があり、ミッドナイトにパイロットステーション(水先案内人が乗船するポイント)に到着するよう指示があった。

それまで本船は4時間くらいドリフティング(船を動ける状態にして漂流させて時間調整すること)し、パイロットステーションに向かい、そのまま入港した。ダイレクトオンバースというやつだ。

早朝に着岸、それから仮眠をして起床したが外の景色を見ると疲れなどは感じなかった。やはり洋上を航行しているより、着岸している方が気持ちが落ち着く。 

f:id:Blueshark3270:20190215082926j:plain

荷役準備OK

f:id:Blueshark3270:20190215082949j:plain

たくさんのバルカーが停泊している

ポートヘッドランドの荷役は早い。大型の荷役装置で鉄鉱石を船倉に流し込む。約1.5日で約25万トンの鉄鉱石を積み終える。あのロボットの腕みたいな機械だ。

f:id:Blueshark3270:20190215090222j:plain

 

停泊中は、航海中にできない仕事をすることができる。今回は主機関のクランクケース内点検を実施した。

主機関下段のこのドアの中に、クランク軸と呼ばれる軸が入っており、燃料を爆発させて動くピストンの上下運動を回転運動に変えてプロペラを回転させている。

f:id:Blueshark3270:20190215090628j:plain

 

クランクケース内に異常がないか確認する。各部締め付けボルトやナットの緩みがないか、軸受が損傷していないかなど。何か異常があると底部に脱落していたりする。この鉄の塊が上下に動く。

f:id:Blueshark3270:20190215090728j:plain

主機関のクランクケース内部

荷役はもちろん夜通し行われる。停泊中は機器の整備、食料や船用品の積み込み、来客などがあり、忙しい。ご飯もゆっくり食べていられない。

f:id:Blueshark3270:20190215091223j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215091725j:plain

ポートヘッドランドのバース位置

機関部の整備作業もほぼ終わったし、明日は上陸できるかな。

 

2018年6月26日

今日も朝から快晴、青い空が綺麗だ。荷役も順調に進んでおり、出港は今日の夕方でほぼ決定だ。

f:id:Blueshark3270:20190215095533j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215095550j:plain

 

てな訳で、出港まで休息を取ることになり、この時間を利用して上陸できる。岸壁に着岸していても岸壁側からは上陸できずサービスボートに海側から乗船し、上陸する。

乗組員で話し合いをし、上陸する人間を決定。全員が上陸できず必要最低限の乗船人数を確保する。自分は運良く上陸できる方に入ることができたが上陸は10時から14時までのたった4時間、されど4時間だ。
 

上陸用のサービスボートは、乗組員は無料である。一方、サービスボートには一般人も乗船しており、聞いて見ると各船で乗組員を回収すると同時に、一般人からは料金をとってハーバークルーズを実施しているそうだ。確かに大型船のすぐ近くを走るので見応え抜群だ。

f:id:Blueshark3270:20190215100338j:plain

 

Porthedland Harbor

f:id:Blueshark3270:20190215100458j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215100555j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215100647j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215100723j:plain

出港船と遭遇

f:id:Blueshark3270:20190215100816j:plain

バルカーだらけの港

ハーバークルーズを堪能した後、ボートは桟橋に着桟し、そこからSeamen's clubへ連れて行かれた。というか、サービスボートの手配はどうもSeamen's clubがやっているようだ。

Seamen's clubとは我々船乗りがよくお世話になる施設で、世界の至る所にある施設だ。キリスト教団体が慈善事業として運営しており、そこには土産が売っていたり、インターネットサービスや電話などはもちろん、バーやレストランなどもあり、ビリヤードやダーツなどをして楽しむ。まさに船乗りの駆け込み寺的存在だ。

Seanmen's clubが手配してくれたバスで近くのショッピングモールに向かった。在船している人から頼まれた物や、船内で消費するお菓子類やビールのおつまみなどを大量に買いこみ、Seamen's clubに戻った。

f:id:Blueshark3270:20190215101954j:plain

大量の荷物!

f:id:Blueshark3270:20190215102024j:plain

ショッピングモールにいた不思議な鳥

Seaman's clubでサービスボート出発時間を待つ間、フリーランチのカレーが出てきた。食べ物までフリーなのか?ちなみにクリスマスの時にどこかの港に入港していると、乗組員1人1人にクリスマスプレゼントを持ってきてくれる。

すごすぎるSeamen's club! お礼と言ってはなんだが、ビールを3本とポテトチップスを注文した。またどこかでお世話になります。

最近航空機におけるアルコールに関するトラブルが報道されていたが、厳格なルールが本船上にもある。当直の時間までまだまだ余裕があるし、ルール的にも大丈夫だ。

f:id:Blueshark3270:20190215102543j:plain

 

ポートヘッドランドはオーストラリアの西に位置する工業港でいわゆる僻地だ。西岸の大都市であるパースまで約1600キロメートルもあるらしい。もちろん行かないが。

なので、街も超小ぶりで住んでいる人も鉱山あるいは鉱石積み出し施設で働いている人がほとんどだとのこと。観光客が来るところではなさそうだ。

鉱物だらけからか、飛行機から見た風景もそうだったが、地面が赤い。地面むき出しの場所も多く、まるで火星のようだった。(火星に行ったことはありませんが。)

f:id:Blueshark3270:20190215102951j:plain

ポートヘッドランドの赤土(火星のようだ)

さあて、サービスボートが来るそうだ。そろそろ本船に帰る時間だ。

f:id:Blueshark3270:20190215103701j:plain

ボート乗り場(右側が港入口)

f:id:Blueshark3270:20190215103746j:plain

観光用浮き桟橋

f:id:Blueshark3270:20190215103821j:plain

サービスボートが来ました

帰りは一般のお客さんが乗っていなかった。が、職業柄、他の船は興味があるので、帰りも楽しい。船の型も色々あり居住区が馬鹿でかい船(欧州船か?)、船首の形状が変わっていたり。

f:id:Blueshark3270:20190215104352j:plain

f:id:Blueshark3270:20190215104548j:plain

相変わらず空が青い

f:id:Blueshark3270:20190215104623j:plain

下船した乗組員が帰るので基本的に同じ船なのね

f:id:Blueshark3270:20190215104703j:plain

着岸待ちの岸壁。荷役設備の無機質感が良い

f:id:Blueshark3270:20190215105030j:plain

それは青いのに、海は茶色い。。

f:id:Blueshark3270:20190215104751j:plain

出港船。海底の泥が巻き上がって赤い。やはり鉱石成分なのか?

f:id:Blueshark3270:20190215105132j:plain

タグボートがアシストして出港

本船に無事到着、今夜遅くに出港となるのでそれまで仮眠でもしよう。ポートヘッドランドは初上陸だった。しかし上陸すると気分転換ができる。

f:id:Blueshark3270:20190215105234j:plain

明日からまた中国行きの航海が始まる。気合いを入れて頑張ろう。

 

バルカー乗船記その18(6月24日:乗船33日目)ポートヘッドランドに到着するけど、えっ?プール入るの?

6月23日

昨日無事アロール海峡を抜けた。

本船は一路ポートヘッドランドに向け、インド洋を航行中だ。

f:id:Blueshark3270:20190214125718j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214140328j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214141203j:plain

 

巡検中に操舵機室入口の配線がむき出しになっているのを発見した。機関部に直してもらおう。

f:id:Blueshark3270:20190214142354j:plain

 

同航船が本船の斜め後ろにいる。あっちの方が少し速力が早い。車のレースではないが本船の方が遅いとちょっと悔しい。まあ、向こうの方が燃料をたくさん焚いているだろうし、良しとしよう。

f:id:Blueshark3270:20190214141152j:plain

 

おっ、もう昼か。。。

このチーフコックのスープは基本的に塩っぱい。高血圧気味なので余計に気になる。

f:id:Blueshark3270:20190214142510j:plain

今日の昼ごはん(カレーにあさりのスープ)

 

ん?昨日プールを出したから、今日はプール開きだって?

おいおい、嘘だろ。オーストラリアは冬だぞ。しかし海水温度を見たら30℃、機関室温度に至っては42℃もあるではないか。

f:id:Blueshark3270:20190214140448j:plain

 

ということで、仕事を早めに切り上げてプールに入ったのでした。

f:id:Blueshark3270:20190214142727j:plain

 

ははは、カメラに水滴が付いた状態で撮った太陽がおかしい。

f:id:Blueshark3270:20190214142800j:plain

 

天気はそんなに良くないが、あまり寒くない。全然プールに入れる外気温度だ。

f:id:Blueshark3270:20190214143243j:plain

 

ある乗組員がイマーションスーツを来て浮いてみたいと言って来た。イマーションスーツとは0℃の海水中でも6時間の保温が可能な全身を包むスーツで、国際条約により1名に1個行き渡るように本船に配置しなければならないことになっている。救命艇などで退船する場合は救命胴衣で十分だが、海上に脱出しなければならない場合はこれが有効である。海上では海水温度によってはすぐ低体温症になってしまう恐れがある。

テストできて本人も満足していたようだ。 

f:id:Blueshark3270:20190214144330j:plain

 

そろそろ夕方だ。プールはこのくらいにしておいて、夕焼けを楽しもう。

f:id:Blueshark3270:20190214144546j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214145050j:plain

 

おいおい、まだ入っているのか?

もうだいぶん暗くなったよ。風邪を引かないように。

f:id:Blueshark3270:20190214145107j:plain

 

太陽が水平線に完全に沈む瞬間に、緑色の光が水平線上を走る現象”グリーンフラッシュ”を二十数年間の船乗り人生で一度だけ見たことがある。

できればもう一度みたいな。

f:id:Blueshark3270:20190214145220j:plain

太陽が水平線に沈む瞬間

f:id:Blueshark3270:20190214145706j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214145730j:plain


あちゃー、悪名高いひっつきもっつきカルボナーラが晩ごはんか。。

f:id:Blueshark3270:20190214145842j:plain

今日の晩ごはん(カルボナーラにチキンウイング)

6月24日
朝から快晴、スカイブルー!ポートヘッドランドまでもうすぐだ。

f:id:Blueshark3270:20190214150137j:plain

 

貨物満載のバルカーとすれ違った。日本に運ぶのかな。お疲れ様です!

f:id:Blueshark3270:20190214150224j:plain

 

と、こんな感じでポートヘッドランドまで美しい空が続いた。

今晩もしくは明日、ようやくポートヘッドランドに到着だ。直接着岸できるか、錨地で沖待ちが入るかは今日中に連絡が来るだろう。

夜中、もしくは早朝にドタバタしそうなので、今日はみんな半どんで休息しておこう。

 

f:id:Blueshark3270:20190214151632j:plain

今日の昼のポジション(ポートヘッドランドはすぐそこだ)

 

昨日の散歩道

ニコンD810を使いこなすため、犬の散歩に毎日付き合っています。

カメラの設定はISOオート、Aモード(絞り優先)、F値は11.0で固定しています。

昨日の空は綺麗な青空でした。

f:id:Blueshark3270:20190214113122j:plain
 

ゴジロウ(オス、雑種)

f:id:Blueshark3270:20190214113620j:plain

 

なぜかこの地区にはカラスが結構います。

f:id:Blueshark3270:20190214113939j:plain

 

f:id:Blueshark3270:20190214115244j:plain

昨日はヌートリア(だと言われています。)がいました。時々顔を出します。

f:id:Blueshark3270:20190214114233j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214114245j:plain

 

広島空港が近いので飛行機やらヘリやらがよく飛んでいます。

f:id:Blueshark3270:20190214114839j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214114854j:plain

 

梅の花も結構咲き出しました。春がすぐそこまで来ています。

f:id:Blueshark3270:20190214115043j:plain

f:id:Blueshark3270:20190214115058j:plain


写真はRAW+JPEGで保存し、Adobe Lightroom6というソフトでRAW画像を現像しています。このソフトは写真の整理や現像で大変重宝しています。

 






 

 

 

読者数が一気に100人を超えました!(ありがとうございます)

皆さんこんばんは。

ありがたいことに、読者数が一気に100人を超えて今日現在で124名の方々が読者登録して下さっています。誠にありがとうございます。

その理由がはてなブログ内の購読中のブログページ右端のこんなブログコーナにわたしのブログが2日間連続で載っていました!

  

blueshark3270.hatenablog.com

 

新着ブログに2日間連続で載った理由はよく分かりませんが、ラッキーでした。

またおかげさまでPVも1000を超えました。

今後も1日1記事を継続していけたらと思います。

これを一過性のものとはせず、もっと世界中の写真を楽しく見てらえるような文章を書いていきたいと思います。

船や海の話だけでなく、もっと幅を広げて行ければと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。